山形市のゴミ出しマニュアル
Top  

# 180626: ペットボトルの処分
平成30年7月より、ペットボトルはシールを剥がして、中を軽く洗って出すように変更になりますのでご注意ください。

# 160610: マットの処分
「マット」と言っても、台所、玄関、風呂場、寝室など様々あるんですが、概ね長さによって処分方法が異なるようです。
・ 足ふきマット(60cm以下のもの) : 燃やせるゴミ(ただし裏面に滑り止めのゴムがあるものは雑貨)
・ 足ふきマット(60cmを超え1m未満のもの) : 雑貨(袋に入らない物は60円の共通収集シールを貼る)
・ 足ふきマット(1m以上のもの): 粗大ゴミ(500円)

# 160530: 電気毛布の処分
・ 古くなった電気毛布を処分しようかと思ったが、どの区分だろう?電化製品だから小型家電とも思ったが、調べてみたら「ふとん」の区分らしい。月1回の収集日にヒモで縛って、「60円の収集シール」を貼って出すのだが、収集シールあったかなぁ?ということで、収集シール(60円×5枚シート)をコンビニで買ってきた。

# 160316: カセットボンベの回収方法の変更
さきほど、ゴミの集積所に行ったら張り紙が。
なんでも、カセットボンベ(スプレー缶も?)の収集方法が平成28年4月から変更になるようです。市役所のサイトを見たらまだ掲載されていないようなので、張り紙の内容を覚えている範囲で。山形市のサイトにUPされてた
・ 収集日: 埋立ゴミと同じ日
・ 袋: 透明?なビニール袋。
・ ボンベは使い切る。
・ 穴は開けない。

# 山形市は平成26年7月から、携帯電話などの小型家電の再資源化回収事業(実証事業)を開始。

# 山形市、上山市、中山町、山辺町は平成22年7月1日からゴミ収集が有料化されました。今までは4市町村の共通ゴミ袋でしたが、今後は各市町村独自のゴミ袋を使用する必要があります。

# 収集料金
・ 原則として「1L=1円」となっています。
・ 燃やせるごみ
極小袋10L(10円)・小袋20L(20円)・大袋35L(35円)・特大袋60L(60円)
・ 雑貨・小型家電
小袋20L(20円)・大袋35L(35円)
・ プラスチック類
小袋20L(20円)・大袋35L(35円)
・ 埋め立てゴミ
極小袋10L(10円)・小袋20L(20円)
・ 袋に入らないゴミやフトン類は「共通収集シール60円」を貼って出す。

# 有料化対象外
・ ビン・カン(資源物): 透明袋。旧ゴミ袋は7月以降も使用可。ジュース缶、菓子缶、缶詰(中身のないもの)、スプレー缶などの金属缶類 。ジュース瓶、洋酒瓶、ドリンク瓶、化粧容器などの空瓶。
・ ペットボトル: 透明袋。旧ゴミ袋は7月以降も使用可。清涼飲料類、しょうゆ、酒類等の容器でペットボトルマークのついているもの。中はかるくすすいで、キャップを外して出す。外したプラスチック製のキャップはプラスチック類へ。

・ 紙おむつ(燃やせるゴミ): 透明又は半透明袋で燃やせるゴミの日に出す。
・ 剪定枝(燃やせるゴミ): 従来の出し方と同じ。直径30cm以下、長さ60cm以下。
・ 水銀含有ゴミ: 従来の出し方と同じ。
・ 古紙類: 従来の出し方と同じ。


★ 主なゴミの分類(山形市のホームページより)

■ 埋立ごみ・ふとん類: セトモノ、植木鉢、ビデオテープ、カセットテープ、焼却灰、ガラス、汚れたふとん類など。 ふとん類はひもで縛るか布団袋に入れて出す。羽毛ふとんはもやせるごみへ。
# 有料指定袋(茶色文字の袋)、ふとん類など、袋に入らない・入りきらないものは、共通収集シール(60円)を貼って出す。

■ 雪かき道具: 山形市の検索サイトで「シャベル」のキーワードで検索すると出てきます。

■ 油関係
・ 油びん(食用・ガラス製): ビン・カン(資源物)。中身を使い切れない場合は、市販の凝固剤や吸着シート等を使い、もやせるごみへ。
・ オイルフィルター(油こし): もやせるごみ
・ 食用油の容器(プラスチック製): もやせるごみ
・ 食用油の容器(カン(4リットル以下のもの)) : ビン・カン(資源物)
・ 食用油の容器(カン(4リットルを超えるもの)) : 雑貨品・小型廃家電類

■ 燃えるゴミの場合でも、「クリップ」などの金属類は取り外す。衣類のボタンやファスナーなどの金属類は取り外す。


# 141017: 山形市で小型家電を回収するリサイクル事業「こでん里帰りプロジェクト」が平成26年7月から開始されたが、市内の公民館などの10カ所の回収状況は順調だが、町内会単位などの集団資源回収は伸び悩み。個人的には、指定日にゴミ集積所に出せればいいんだけどなぁ。

# 141008: 栃木県大田原市で「黄色いゴミ袋」の実証実験を開始。カラスの目では黄色い袋だと中が見えず、すでに全国各地の自治体で採用されているらしい。

 


統計表示