道路情報Topics
Top   利用上の注意

# 191021: 国道112号線の山形市の昭和橋周辺は、2020年3月頃に完成予定らしい。この地域は傾斜があるが、下り坂だけロードヒーティングがなされるらしい。

# 171124: 国道348号線は、峠のトンネル内の正面衝突事故が多発しているので50キロの速度制限になりそうですね。

# 171124: 東北中央自動車道の米沢中央IC付近に整備中の道の駅「米沢」は平成30年4月20日にオープン決定。

# 171124: 山形市の栄町通り(都市計画道路・旅篭町八日町線)の約600mは年内着工。

# 170802: 高速道路の開通予定
・ 東北中央道: 東根IC〜東根北IC(4.3Km)は2018年度までに開通予定。
・ 東北中央道: 南陽高畠IC〜山形上山ICは2018年度中に開通予定。
・ 東北中央道: 福島大笹生IC〜米沢北IC、大石田村山IC〜尾花沢IC間は2017年度中に開通予定。

# 170201: 国の2016年度3次補正予算で、山形県内の道路事業に割り当てられた。東北中央道の福島〜米沢北(18億円)、東根〜尾花沢(29億円)、余目酒田道路(24.5億円)、新庄古口道路(4億円)。

# 161211: 山形市内の都市計画道路四日町日月山線の馬見ヶ崎橋が開通。前は、道路が狭い上、朝晩は結構自転車が多くて危ない所だったが、これで解消されますね。とはいえ、山寺街道などは相変わらず狭いからなぁ。

# 161005: この夏の台風の影響で、予定されていた林道「二口線」の解放は見送りとなったようです。

# 150911: 平成27年台風17・18号関連豪雨
・ 10日を中心とした豪雨で、山形県内でも、奥羽線や仙山線がとまったり、山形自動車道の笹谷、国道13号線栗子、国道399号線鳩峰、国道48号線関山、国道347号線鍋越などが一時通行止め。大きな影響が出たようです。また、一時避難勧告がだされた地域もありますが、大きな被害はなかったようです。 

# 150413: 平成27年度の個所付け(国土交通省)
・ 国道47号線余目酒田道路: 55億3500万円。
・ 国道47号線高屋道路(戸沢村): 16億6500万円。
・ 東北中央道(福島〜米沢): 25億円。
・ 東北中央道(米沢〜米沢北): 38億円。
・ 東北中央道(東根〜尾花沢): 67億4200万円。
・ 国道13号線金山道路: 1億円。
・ 国道112号線霞城改良: 11億9100万円。

# 140926: 9月21日に東北中央道の泉田道路(新庄市十日町〜昭和8.2Km)の工事開始。10年程度での完成を目指す。 新庄市と金山町間の所要時間は17分で3分短くなるとのことだが、それよりも新庄市を通過する車にとっては朗報ですね。

# 140404: 2014年度の県内の主な道路の予算の個所付け
・ 東北中央道: 約163億円
・ 日東道: 約23億円
・ 国道13号線大野目交差点: 約3億円
・ 国道112号線霞城改良: 約12億円

# 131213: 新築西通り
今まで北進一方通行だった山形市の新築西通り(主要地方道山形山寺線)が対面通行になりました。

# 110905: 被災地高速道の本格的復旧工事
山形道を含む8路線の約4000カ所で本格的な復旧工事が始まるようです。特に東北道は工事期間中最大35Kmの渋滞も予想されるそうです。
 9月5日の主な規制
・ 東北中央自動車道(上り): 山形上山IC付近→山形上山IC間は舗装工事のため片側交互通行。
・ 東北中央自動車道(下り): 山形上山IC→山形上山IC付近間は舗装工事のため片側交互通行。

# 100628: 一応来年の3月までと言う試験的なものですが、今日から山形県内の高速道路の約90%が無料化されます。

# 100410: 山形県のホームページに「山形県ドライブ支援サイト」が開設されました。現在の主な内容は「お出かけ前の道路情報」「ドライブお役立ち情報」「観光情報」「お勧めドライブコース」など。

# 090727: 自動車保険料の値上げ
大手損害保険各社は2010年春以降、60才以上の高齢者の自動車保険料を引き上げることを検討へ。
そもそも、高齢者の事故率が高いことがこの背景にあるのでしょうが、たしか現在は「30才以上」という区分でひとくくりになっているのを、「30才以上70才未満」「70才以上」とかに区分するということなのかなぁ?とすれば、子供の車を高齢者が安易に運転することにも注意が必要だし、一家族で一台で、普段は40才代の息子が乗っているが、希に70才代の親が乗る場合、70才以上の高額の保険に加入している必要がでそうで、出費増ですね。ちなみに70才だと2割くらい保険料が上がるそうですが。

# 090715: 高速バス3日間乗り放題実証実験
東北6県と東北運輸局は東北6県ほ高速バスを9000円で3日間乗り放題にする事業を決定。対象は東北地方を発着する高速バスとなっていますが、たとえば首都圏と結ぶ高速バスは適用外なんですかねぇ?実施は年末年始を除いて今年の12月から3ヶ月間とか。
3日間で9000円と言うことは、1日3000円。酒田〜仙台間の高速料金は3100円ですから、3日で1往復半すればペイする計算ですが、、、、。 

# 090523: 国土交通省山形河川国道事務所によると国道113号線赤湯バイパスの開通で、赤湯市街地を走る大型車は6〜7割減少。

# 090517: 山形自動車道の交通量
東日本高速道路の発表: 4月25日〜5月6日の山形自動車道の交通量は1日平均21,700台(前年同期比+25%)。

# 090418: ETCの利用率
国土交通省: 4月3日〜9日の全国のETCの利用状況は、平均で79.0%、平日79.4%、土日78.1%。

# 090409: ETCの利用状況(平成21年4月2日現在)
090327〜090402のETCの利用率は、平日平均78.4%、土日休日平均77.3%、週平均78.0%。1月は75.8%、2月は76.8%、3月は77.0%であった。高速道路の1000円均一が施行された割合には利用率に大きな影響は出ていないようだ。

# 090228: 国土交通省: ETCの新規購入者に5,000円(100万台分)の助成を実施へ。申し込みは3月12日〜31日まで。

# 090117: ドライブレコーダーの市場規模
矢野経済研究所の調査によると、2008年の市場規模は171,620台(前年比+65%)。小売金額ベースで112億3,400万円(前年比+43%)と推定。1台あたりの金額は65,000くらいでしょうか。今後も市場規模は拡大し、2014年には約85万台(現在の約5倍)、約296億円(現在の約2.7倍)となり、普及に伴って1台あたりの価格は35,000円程度に値下がりすると見込んでいるようだ。
 ちなみに下記で御紹介しているのは約3万円の機種で、録画時間が長いのが特徴。

# 090116: 国土交通省は、ETC機器購入費用として、1台あたり5,250円の助成金を支給する方針。

# 081210: ETCの利用率
国土交通省の資料によると、平成20年11月28日〜12月4日のETC利用率は、全国平均で75.7%(平日平均:77.3%、休日平均:71.5%)。一番高いのは首都高速の82.6%、一番低いのは西日本高速の71.5%。
月次推移を見てみると、平成13年12月には0.9%であったものが、平成14年12月:3.8%、15年12月:12.7%、16年12月:25.5%、17年12月:54.2%、18年12月:64.7%、19年12月:71.0%となっている。

# 081204: 来年6月施行の行政処分の改正 
(1) 酒気帯び運転: 呼気1L中0.25mgのアルコールの酒気帯び運転は、現在免停90日であるものが、即免許取り消しになる模様。(付加点数を13点→25点)。欠格期間は2年。0.15〜0.25mgの場合の免停期間も30日から90日に延長されるようです。
(2) ひき逃げの付加点数を23点→35点。「酒酔い」+「死亡ひき逃げ事故」の場合の欠格期間は、現在の5年から10年(上限)となる。
(3) 過去3年間の処分歴が無い場合、累積点数6〜14点(免許停止)。15点以上(免許取り消し)。

# 081122: (注意)先日、大阪で車に大麻を所持していた男が逮捕されたが、問題はその発端。この男は、「車のルームミラーに大麻草の葉の形をした市販の芳香剤をぶら下げて」いたらしい。それを見たパトカーの警察官が止めて職務質問したら、ダッシュボードから「本物の大麻」が見つかったということだ。みなさんも、誤解を与える行為は避けた方が良いでしょうね。

# 081113: 山形県警高速道路交通警察隊: 県内の高速道路の過去3年間(11-12月)の交通事故状況によると、「山形自動車道下り:関沢IC〜山形蔵王IC」が30件で最多、その他は「下り:笹谷トンネル〜関沢IC」「下り:山形蔵王IC〜山形北IC」「下り:湯殿山IC〜庄内あさひIC」、「上り:月山IC〜西川IC」「上り:山形蔵王IC〜関沢IC」「上り:鶴岡IC〜庄内あさひIC」などの区間に多いそうだ。たしかに、「関沢IC〜山形蔵王IC」間は有名な「宝沢トンネル」もあるし、他の区間も概ね「勾配」と「カーブ」がある所ですね。注意しましょう。

# 081029: 午前4時頃、米沢市内のR13で、大型トレーラーから鋼材が落下して、約5時間にわたって通行止め。カーブで鋼材のバランスが崩れたか?

# 070714: (注意)うがい薬で有名なリステリンでうがい後、車を運転して「酒気帯び運転」で検挙された例があるそうです。リステリンには、溶剤としてアルコールが含まれていますので、運転の際は充分御注意下さい。 > 詳細

# 040517: ETCの普及率は平成14年2月のデータですが、通過台数の2%程度のようです。
その後国土交通省調べでは(平成15年度末)、利用率は年度末目標の15%を達成し16.6%となっているとのこと。

統計表示統計表示