山形自動車道
 Top  利用上の注意
道路画像集の目次 各道路の所要時間
東北自動車道 道路関連動画集

★ 情報

# 

# 160122: ここ数日の雪で、毎日山形自動車道下りの関沢〜山形蔵王間で事故による通行止めが連日出ています。この区間は夏でも危ない所。特に冬場の通行にはご注意ください。【宝沢トンネルは危ない

★ 山形自動車道の歴史

   
2012年(平成24年)3月24日 日本海東北自動車道の山形県内のあつみ温泉IC〜鶴岡JCT間が開通し、それまで山形自動車道だった鶴岡JCT〜酒田みなとIC間を日本海東北自動車道に改称。
2001年(平成13年)8月9日 山形自動車道: 酒田IC〜酒田みなとIC間が開通。
2000年(平成12年)9月 山形自動車道: 湯殿山IC〜庄内あさひIC間が開通。
1997年(平成9年)9月 山形自動車道: 庄内あさひIC〜酒田IC間が開通。
1991年(平成3年)7月31日 山形自動車道: 関沢IC〜山形北IC間が開通。
1990年(平成2年)10月4日 山形自動車道: 宮城川崎IC〜笹谷IC開通。
1989年(平成元年)7月26日 山形自動車道: 山形北IC〜寒河江IC間が開通。
1988年(昭和63年)10月 山形自動車道: 村田JCT〜宮城川崎IC間が開通。

★ 山形自動車道(通称:山形道)の概要
(1) 山形自動車道(通称:山形道、正式名称:東北横断自動車道酒田線)は、東北自動車道村田JCTから東北中央自動車道の山形JCTまでは4車線道路である。その後、酒田みなとICまでは対面通行の2車線となる。通常、交通量は少なく走りやすい。ただしサクランボの季節やお盆には各ICで渋滞となることもある。
 なお山形自動車道の制限速度は「4車線区間は80km」「2車線区間は70km」であるが、車の流れは「+10〜20」か?

(2) 冬の山形道は大変危険。特に山形方面下り線の笹谷トンネルを出て、5%の下り坂を4Km行くと右カーブしながら「宝沢トンネル」へ入る。「宝沢トンネル」の下り線は冬に限らず夏でも事故が多いので充分減速する事。また、トンネルを出ると高架橋に出るが、強風や吹雪に注意。トンネル手前の左側に「温度計」があるので目安となる。

(3) 山形道で危ないのは意外に真冬では無く12月と3月。
その時期には雪にも係わらず夏タイヤで走っている車が多いのでもらい事故に注意。
# 他県ですが、2008年9月28日に、北海道北見市の石北峠で凍結路面を夏タイヤで走行していた大型トラックが軽自動車と正面衝突して、軽自動車の4名が死傷という事故がおきています。

(4) 東北道などの交通量の多い路線だと、5%程度の急坂があると登坂車線(トラックレーン)があるが、山形道はさほど交通量が多くないので登坂車線は無い。従って、走行車線をスピードの遅いトラックが走っているときには追い越し車線を追い越して行くのが普通である。

(5) 山形自動車道は間の国道112号線月山花笠ライン(月山新道約21km)を含め全長約158km。所要時間は村田JCTから酒田みなとICまで約2時間程度である。

IC・PA等 距離 所要時間 案  内
村田JCT 0km 0:00 標高約88m: 仙台宮城ICから(17.9km・13分)・川口JCTから(314.5km・3時間20分)
宮城川崎IC 10.4km 0:08 標高約215m: 遠刈田温泉・青根温泉・釜房湖・みちのく湖畔公園・R286方面
古関PA 18.2km 0:13 標高約361m: 
笹谷IC 22.3km 0:16 標高約546m: 笹谷セントメリースキー場方面
関沢IC 28.1km 0:20 標高約590m: 新山釣り堀・山寺(村山広域農道)方面
山形蔵王IC 35.6km 0:25 標高約241m: 山形県庁(約2分)・山形市役所(約10分)・山形駅(約10分)・上山市・蔵王温泉方面
山形北IC 41.9km 0:30 標高約115m: ビッグウィング・北ジャスコ・山形県立中央病院・天童市・山寺・R13方面
山形JCT 46.6km 0:33 標高約94m: 東北中央自動車道経由山形空港まで約15分
寒河江IC 52.8km 0.38 標高約92m: 寒河江市内、河北町方面
寒河江SA 55.9km 0:41 標高約104m: スマートインターチェンジ→大江町・朝日町方面
西川IC 67.0km 0:50 標高約216m: 西川町方面
月山湖PA 81.3km 1:01 標高約454m: 
月山IC 83.5km 1:03 標高約444m: 大井沢・弓張平・月山スキー場方面
  約21km   自動車専用道路・R112月山花笠ライン  標高約630m: 
湯殿山IC 0km 1:23 標高約408m: 
庄内あさひIC 9.9km 1:31 標高約84m: 旧朝日村・旧羽黒町・旧櫛引町・湯田川温泉方面
櫛引PA 13.0km 1:34 標高約97m: 
鶴岡IC 23.8km 1:42 標高約18m: 鶴岡市内・湯野浜温泉・R7温海温泉・新潟方面
庄内空港IC 34.1km 1:50 標高約13m: 庄内空港方面
酒田IC 41.2km 1:56 標高約4m: R7酒田市内・R47庄内町方面
酒田みなとIC 53.1km 2:06 標高約5m: 酒田北港・R7遊佐町・秋田方面

★ 山形自動車道のワンポイント

  上り(仙台方面) 下り(酒田方面)
SA(トイレ) 櫛引PA → 月山湖PA → 寒河江SA → 山形蔵王PA → 古関PA 古関PA → 山形蔵王PA → 寒河江SA →月山湖PA → 櫛引PA
なお、月山新道(約21km間)にはドライブインなどはたまにあるものの、それを除けばまともなトイレ設備は無いので特に女性の方は注意。
売店(食堂) 櫛引PA → 寒河江SA → 古関PA 古関PA  → 寒河江SA
櫛引PAの下り線には売店などは無く、トイレだけなので注意。
ガソリンスタンド 寒河江SA(昭和シェル) 寒河江SA(昭和シェル)
山形自動車道でGSがあるのは寒河江SAだけである(平成25年8月17日現在)。
(1) 東北道下り東京方面からアクセスする場合には、国見SAから寒河江SAまで約89km。
(2) 東北道上り仙台方面からアクセスする場合には、菅生PAから寒河江SAまで約61km。
(3) 山形道上りを走行の場合には酒田みなとICから月山新道(約21km)を加え寒河江SAまで約105km間はガソリンスタンドが無い。従って、現在地、目的地、燃料の残量などを勘案して給油場所を見逃さないように注意しましょう。まぁ、車によって燃費が違うので一概に言えませんが、山道も多い山形自動車道を走行することを考えると、充分に余裕をもった燃費計算が必要です。ただ、山形自動車道はサクランボの季節を除いて滅多に渋滞は無いので、渋滞による燃料の消費は計算に入れなくても良いでしょう。その代わり冬場の気象と道路状況の悪化による通行障害が考えられるので、冬場は山形自動車道に乗り入れる前に満タンというくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

# もし山形道の下り線を走行中、寒河江SAを行きすぎた後に給油が必要なときは、次の西川ICで降りてR112に出ます。右折して鶴岡方面に進むと約1.2km先の左側にGSがあります。給油したら、そのまま鶴岡方面に進みましょう。しばらくすると左から山形自動車道が合流します。

# もし山形道の下り線を走行中、西川ICを行きすぎた後に給油が必要なときは、次の月山ICで降りてR112を寒河江・山形方面に戻りましょう。とは言ってもしばらくGSは無いです。でもまっすぐ月山新道の方に行くよりはまし。なんたって、山の中で、な〜んも無いですから。
 とにかく西川ICを行きすぎたらアウトですから御注意。

# 次に、湯殿山ICを過ぎた後に給油が必要な時は、次の庄内あさひICで出、県道を右折すると間もなくR112号線の交差点に出ます。ここは旧朝日村の落合集落で右折して鶴岡市内方面に向かうと間もなく左手にGSがあります。県道を左折するとなんも無いので注意。 

ETCブース  空いているときは何も問題は無いが、混んで渋滞するときにどの車列に列べばスムーズにETCブースにたどり着けるかが問題だ。特に混雑期には「渋滞時には二列にお並び下さい」とランプの途中から表示されている場合があるので切実。
【注意】 ETCの普及率が高くなってETCのブースが増えた所もあるようです、料金所の手前にETCレーンの指示標識がありますのでそちらのご覧ください。

# 山形蔵王IC出口
 下り宮城県方面からICに進入すると、減速車線が終わると間もなく道路は左に大きくカーブし、そちらが料金所方面。まっすぐ行くと山形蔵王PA方面なので注意。もっともPA経由でも料金所に出られるので心配は無いが。
 左にカーブすると、右手から「PAから出てくる車」「山形道上り線の車」が合流する。その後、間もなく車線が拡がって3つのブースが目に入る。ETCブースは真ん中の一つである

# 山形北IC出口
 ここは、山形道の下り方面から出ると、料金所手前で左から上り方面の車線が合流します。料金所のブースは3つでETCブースは真ん中の一つである

# 西川本線料金所
 ここは本線料金所でどの車も通過する必要がある。上り線はチケットを貰うだけだが、下り線は料金を支払うので混雑時には渋滞する名所である。
(1) 下り線: ブースは3つ。ETCブースは真ん中で、手前から2車線に別れ、ETC車は左という案内がある。
(2) 上り線: ETCは左車線。

★ 山形自動車道下り線

下り

所要時間

山形自動車道の詳細

  0:00 ★ 東北道から分岐: 
(1) 福島方面からは、東北自動車道下り村田ICを過ぎ約2.5km先、左方向へ山形道が分かれる。村田JCT手前は急な上り坂となっており、左車線をトラックがあえぎながら走っているが、無理に追い越さず左車線をキープした方がよい。
(2) 仙台方面からは、東北自動車道上り菅生PAを過ぎて少しすると長い下り坂にかかる。この途中から山形道へ分岐するのでスピードには注意。 
s000.jpg (3112 バイト) ★ トンネルを過ぎて: 村田JCTから約1km先、短いトンネル「星野城トンネル:393m」を過ぎて山あいを走り、やや見晴らしが良くなる。ここで道路は大きく左へカーブするが途中に短い橋(高架)がある。特に冬は滑りやすいので注意
s001.jpg (3195 バイト) ★ この辺が橋の有るところ。橋と言っても、下を道路?が通っているだけで、慣れない人は一見橋とはわからない。道路の路肩のフェンスがちょっと変わるので注意。
s002.jpg (3281 バイト) ★ 道路は右カーブをしながらやや上り坂になり、頂上を越えると道路は長い急な下り坂となる。速度に注意。
s019.jpg (10572 バイト) 0:08 ★ 宮城川崎IC: 長い急な下り坂を下りきって右・左に緩くカーブするとまもなく宮城川崎ICである。ICを出るとGS有り。 川崎町・釜房湖・秋保温泉・遠刈田温泉方面の出口

 観光地: みちのく湖畔公園

# 110827: 10:50現在、山形自動車道の下り線の宮城川崎IC付近で渋滞。たぶん出口の料金所渋滞だと思うんですが、先日この料金所を通りましたが、二つある出口料金所の内右側が一般用、左側はETCと一般の兼用。したがって、ETCを装着していても一般の渋滞の列の中に飲まれて料金所を通るのに時間がかかるのよねぇ。

s020.jpg (9772 バイト) ★ 滑り止め装着: 宮城川崎ICから約4km、左側に「タイヤチェーン装着所」がある。雪のあるときはここでタイヤチェーンをつけましょう。
s003.jpg (3246 バイト) ★ カーブに注意: 「タイヤチェーン装着所」を過ぎると道路は上り坂となり、約2km先、道路は右・左に大きくカーブを切り橋を渡る。ここもスリップ要注意地点。
s004.jpg (3280 バイト) ★ 古関(ふるせき)PA: 橋を渡るとまもなく古関PAです。ここから先は「寒河江SA」まで、食事可能なPAは無いのでここで一服。

古関PA (P・トイレ・軽食・売店、営業は多分朝の8時から) 山形名物「玉こんにゃく」が有ります。

s022.jpg (9295 バイト) 0:16 ★ 笹谷IC: 古関PAからしばらく行くと、笹谷セントメリースキー場のゲレンデをくぐり、間もなく笹谷ICとなる。ここからは国道286号線の車が多数合流するが、合流地点は上り坂でトラックなどは遅いスピードで本線に入ってくることが多いので、右車線に避けましょう。
s005.jpg (2876 バイト) ここが笹谷セントメリースキー場のゲレンデをくぐるところ。
s023.jpg (11061 バイト) ★ 笹谷トンネル入り口
s024.jpg (11899 バイト) ★ 笹谷トンネル内
s025.jpg (9865 バイト) 0:20  笹谷ICから約2km、笹谷トンネル「上り3384m・下り3286m」に入り、中程で山形県となる。
トンネルを出るとすぐ関沢ICが有り、そこを過ぎると長い下り坂となる。宮城県側と山形県側では天候が違うので、トンネルの出口はくれぐれも注意。宮城県の笹谷ICから山形県の山形北IC間は平成14年11月に4車線化された。
 笹谷トンネルを走行中、前方遠くの車がトンネルの出口でブレーキを踏むのが見えたら要注意。こんなときは、トンネル出口付近が「雨」「雪」「霧」などで天候や路面状態が悪いときです。

★ 関沢IC: 笹谷トンネル出口に関沢ICがあり、山寺方面に行く場合にはここで降りるのが良いです。ICを出たら、国道286を下り、山形市滑川の交差点(標識有り)から右折して「べにばなトンネル(1971m)」を抜けます。道路状態は良好で大型観光バスでも問題はありません。 参考 べにばなトンネル→山寺間:約15分(関沢ICからだと、約20分)

 観光地: 「ぼけなし観音」「新山釣り堀」

s026.jpg (10513 バイト) ★ 関沢ICを過ぎると道路は5%の下りカーブが続くので速度注意。
s027.jpg (9977 バイト)  
s028.jpg (10528 バイト) ★ 要注意地点:  関沢ICを過ぎると急な下り坂とカーブが続く。下り坂でスピードが出やすいが、冬はもちろん夏でも要注意。
 関沢ICから約4km、左側に「温度計」が見えたら「減速」この先に見えるトンネルが事故の名所「宝沢トンネル・約300m」。トンネルに加え、トンネル内で道路が大きくカーブ。そしてトンネルを出ると高さ数十mの高い橋。そしてその橋も左へ大きくカーブ。くれぐれも御注意。
    
■ 宝沢トンネル
   
 
s029.jpg (9460 バイト) これが橋の上。左にカーブして下り坂が続く。
s030.jpg (10899 バイト) ★ 標識注意: これを見ると、右車線が「本線」。左車線が「山形蔵王 出口」というように見えるので、このまま本線を直進する車が右車線に進路変更をするケースが見かけられる。しかし、実際は2車線とも本線で、左車線から山形蔵王IC出口が分岐するので、わざわざ右車線に車線変更する必要は無い。こういった表示は東北自動車道の村田JCTを始めとして方々に見かけられる。かといって全部がそうでないからややこしい。例えば山形自動車道の村田JCT手前では、「左車線は仙台方面」「右車線は福島方面」という表示だが、まさにそのとおりなので注意。
s033.jpg (9635 バイト) 0:25 ★ 山形蔵王ICへ:  難所の橋を渡ると2つのトンネルをくぐり山形蔵王ICがある。山形市内へはここでおります。このICにはPAも併設してありますが、PAに入ってもそこから料金所にも出られるし、本線にも戻れます。蔵王温泉方面へは、ここで降りて、ICを出て数百m進んで左折して西蔵王有料道路を経ると近いし便利。 山形市内・上山方面の出口
 ところでここだけに限りませんが、例えば東北道を北上し村田JCTにさしかかった時も、右車線(追い越し車線)が仙台方面、左車線(走行車線)が山形方面という案内標識が出ます。これを見ると走行車線を走っている仙台方面に向かう車が追い越し車線に車線変更する例が見受けられます。しかし、実際は走行車線から左にランプが別れ山形道に向かうわけで、走行車線もまっすぐ走れば仙台方面に向かうんです。それと同様に、手前に、さも「左車線は山形蔵王IC」「右車線は山形北IC方面」といった案内がでます。しかし、左車線も本線の走行車線なのでわざわざ右車線に路線変更しなくても山形北IC方面に向かいますので、御安心を。

■ 主な観光スポット:  山形市馬見ヶ崎プール・ジャバ、千歳山(こんにゃく)、蔵王、リナワールド、蔵王カントリークラブ 方面

s031.jpg (10449 バイト)

s036.jpg (10615 バイト)

★ 山形北ICへ:  山形蔵王ICからはトンネルの連続。最後のトンネル「青野トンネル・約550m」を出ると道路は大きく左へカーブして間もなく山形北IC。天童方面はここで出る。ここから先の山形JCTから先は、原則的に対面2車線で最高速度も70kmとなるので注意。山形北ICを過ぎると、東北中央自動車道とのJCTがある。この辺の上り線山形北ICの手前に工事用の車両の出口のようなゲートがあるが、ここは救急車が直接山形道から県立中央病院におりるゲートである。管内の救急車には無線式のゲート開閉錠が装備されており、山形北ICを廻るよりも10分の時間短縮効果があるそうだ。 山形市内北部・山形国際交流プラザ 山形ビッグウイング・天童・新庄・天童カントリークラブ 方面の出口

# 山形蔵王〜山形北IC間は山際を走りトンネルも多い。そして道路脇には新興住宅地も迫っている。この辺はカモシカやタヌキが出没するという話も聞くので注意。

 観光地: 山寺

s037.jpg (10223 バイト) 0:29 ★ 山形北IC: 

■ 主な観光スポット: 山形市落合の夜泣き地蔵

0:00
    ★ 山形北IC: 上り車線へアクセス
s012.jpg (3789 バイト)  国道13号線の下り車線から山形自動車道のランプへ。
s013.jpg (3900 バイト)
s014.jpg (3879 バイト) ★ 左後方からも車が来るので注意。
s015.jpg (3546 バイト) ★ ETCは右レーン。
s016.jpg (4564 バイト)
s017.jpg (3644 バイト) ★ 右は寒河江、鶴岡方面。左は山形蔵王、東北道方面。
s018.jpg (3734 バイト) ★ 下り本線へ。
     
s019.jpg (3653 バイト) ★ 山形北ICを過ぎると道路は田園地帯を走る直線道となる。11月頃は霧が出て視界が悪い日が有るので注意。普段はこのようにがら空き。
s020.jpg (4021 バイト) ★ 間もなく山形JCT。
s021.jpg (3821 バイト)  
s022.jpg (4076 バイト)  
s023.jpg (4166 バイト) ★ 上を跨ぐのは東北中央自動車道。
  0:05 ★ 山形JCT:  東北中央道と接続するJCTである。JCT内は、車線が分離と併合を繰り返して複雑なので注意。特に、東北中央自動車道の上り、天童IC方面から山形自動車道上り山形北IC方面へのランプが一番長いようだ。逆に、東北中央道下り山形中央IC方面から、山形自動車道下り寒河江IC方面のランプが一番短いようだ。
s024.jpg (3710 バイト) ★ 東北中央自動車道へ。
s025.jpg (3538 バイト) ★ 右車線は山形自動車道上りからのランプ。一度そちらに合流する。
s026.jpg (3517 バイト) ★ 右車線は東北中央自動車道上り、山形中央IC、山形上山IC方面。東北中央自動車道の下り車線へ
s000.jpg (8712 バイト) ★ 山形JCTを過ぎると、車線は1車線となり対面通行となるので注意。 
s001.jpg (8934 バイト) ★ 対面通行へ。
s002.jpg (8279 バイト) 0:08 ★ 寒河江ICへ: 最上川の橋梁を渡り寒河江ICへ着く。
 寒河江・中山・河北・左沢・ブラッサムガーデンクラブ 方面の出口

■ 主な観光スポット: 二の堰親水公園 ・ とうふ工房 清流庵

s003.jpg (8649 バイト) 0:10 ★ 寒河江SA(寒河江スマートIC)へ: 寒河江ICから西川IC間は平成10年秋に開通したばかりである。
寒河江ICをすぎると直ぐに寒河江SAがある。ここは平成11年11月現在、山形自動車道で唯一売店やGSのあるPAである。このPA内の走行誘導線は非常に見難い。特に冬場の積雪により誘導線が消えた場合には走行方向が認知しにくくなるので事故には注意。昭和シェルのGS有り。

 寒河江SAには、季節の果物などを売っている時もあり。この先、月山越えの長い道のりが待っています。トイレに用が無くても、一休みしましょう。

 この辺からは、山岳地帯の道路となり、地上からかなり高い橋などもあり、特に冬期間は積雪地帯でもあり注意が必要である。

 寒河江SAではETC専用のゲートを利用したスマートインターチェンジがあり、ETC車載器をつけた車両は乗り降り可能である。ただし、利用時間は午前6時から午後10時(平成20年9月現在)なので注意。

 寒河江スマートインターチェンジ画像集

 このICから出ると、周囲は花博の会場跡で公園やホテル、日帰り浴場、足湯、産直市場などがある。ICを出て左折すると寒河江市内方面、右に行くと左手にホテル・シンフォニーアネックスや寒河江花咲か温泉 ゆ〜チェリーがある。その先の突きあたりを左折すると大江町、中山町、山辺町、山形市方面となる。右折して北上すると寒河江中央工業団地を抜けて、寒河江工業団地付近の県道26号線に出る。そこを右折すると西寒河江駅、左折して直進すると国道112号線の迂回路として利用でき西川町間沢付近で国道112号線にでる。大型車でも楽に走行でき交通量も少ないので、私も良く使用する。

■ 主な観光スポット: 陣屋慈恩寺店

   
s000.jpg (3095 バイト)  
s001.jpg (2428 バイト) ★ 寒河江川を跨ぐ橋梁。
s002.jpg (2819 バイト) ★ 西川本線料金所へ: ETC車は左車線へ。
 寒河江SAを過ぎると、対面通行の2車線区間となる。すぐに前方に山が迫り、トンネル「平野山トンネル:856m」を過ぎてしばらく山間を走ると、道路は下りの右カーブとなり寒河江川の高い橋梁を渡る。要注意地点である。今度は右手に山が迫ると間もなく、西川ICである。西川ICの出口が左に別れると、間もなく車線は2車線となるが、ETCの車は左車線に入ること。道路にも指示が書かれているが、渋滞時には路面の指示は見えにくいので、左路肩の標識に注意。
 山形北ICから西川IC間は20分弱の距離である。 寒河江ダム方面の出口
 なお、西川ICには本線料金所があり、交通量が多いときには1km程度の渋滞が生じるケースがままある。そういう場合には手前の寒河江SAのスマートICを出て、国道112号線を月山ICまで行った方がはるかに速い。
注・オービス(山形方面への上り線、寒河江SAより約1km先)
s003.jpg (2961 バイト) 0:18 ★ 西川本線料金所: ETCブースは左車線。ここで月山ICまでの料金も支払う。
s004.jpg (3070 バイト)  
s005.jpg (3033 バイト)  
s006.jpg (3241 バイト) 0:30 ★ 月山IC: 国道112号線に合流。ここからは一般国道。
 西川ICから月山IC間は平成11年10月29日に開通した。たしか、途中に2ヶ所くらい追い越しが可能な区間があります。一部急坂の区間もあり、前方にトラックがいるとスピードが落ちるので追突注意。

 また、月山ICの出口には料金所は無く、一般道に直接乗り入れる。その上JCTの勾配とカーブが複雑である。高速から一般道に出る車両は充分に減速していない事が多く、事故の多発が懸念される。特に冬場と夜間は注意。弓張平や大井沢へはここで出る。

# 月山PA: ここの上り線のPAは地滑りのため長らく閉鎖されていたが、先日とおったら利用可能でした。06/11/05

月山新道「月山花笠ライン」(ここは高速道路では無く一般無料自動車専用道路) 国道112号線の詳細  月山ICを降りると道路は一般国道R112に入る。途中自動車専用道路(無料・約21km)で山岳部を越える。カーブや勾配があり、数カ所に「登坂車線有り」。夏場はともかく冬場は難所である。おまけのこの区間は正面衝突事故が多いので注意!

# 月山ICで山形道を降りてR112に入るが、高速からのランプがR112の本線に合流する形で、なおかつ合流地点は結構な登り坂なので注意。
# R112に出ると上り坂が続き、1kmくらい走ると橋を渡って志津トンネルに入る。ここは冬季スリップ注意。
# トンネルを出て少しすると左にカーブしてスノーシェッドがある。この先に登坂車線があるので、前に遅い車がいても、ここまでは辛抱。
# 間もなく月山第一トンネル、湯殿山トンネル、月山第二トンネルと続くが月山第一トンネルと湯殿山トンネルの間に湯殿山神社方面に向かう道路が分岐するので注意。
# 月山第二トンネルを出ると、しばらくカーブと下り坂が続く。途中湯殿山スキー場入り口、国土交通省の除雪ステーションなどがあり、まもなく湯殿山ICへと着く。

★ さてここからだが、先を急ぐ旅ならば再度山形道に入ってひたすら走るべし。もし、お急ぎでないなら以下のような経路を。

# 湯殿山ICを脇目にR112をそのまま下ると、左手に月山ダムが見えてくる。最後のトンネルを抜けると右手に米の粉の滝ドライブイン(こめのこのたきドライブイン)が見える。ここは休息ポイントの一つである。

# ドライブインではつまらないという人は、その先約500mの月山あさひ博物村道の駅月山)はいかが?ここへ行くときは道路右手の駐車場に車を入れて、地下道をくぐって道路左手の施設に行く。案内では身体障害者用の駐車場も右手という表示があるが、車椅子用のエレベータでもあるのだろうか?もし体の不自由な人は、施設を行きすぎた道路左側に小さい駐車場があるので、そこに停めるという方法も有りか?。なお、右手の大駐車場の裏には蕎麦屋がある。
 月山あさひ博物村の主な施設: 山ぶどう研究所、バンジージャンプ他 詳細はホームページ参照

# 月山あさひ博物村を過ぎてしばらく行くと里に出て信号が見えます。右角にはコンビニ(ファミリーマートだったかな?)、その手前には産直市場があります。この交差点を左折して山奥に向かえば、「釣りキチ三平」の「タキタロウ」で有名な「大鳥池」がありますが、車では行けないはず。
交差点を右折すると、間もなく左手に庄内あさひICがあり、そのまま直進すると羽黒山方面。途中右手には松ヶ岡開墾記念館庄内映画村オープンセットやまぶし温泉ゆぽか漬物の里(蕎麦屋併設)など。
 特に漬物の里は付近を通った時は必ず立ち寄ります。と言うより、たまに車を飛ばしてわざわざ漬物を買いに行くことも有るくらい。一番の好物は「とろろ芋のキムチ漬け」。これはとろろ芋を短冊切りにしてキムチに漬けたもので、家でも簡単に作れます。

s007.jpg (3100 バイト) ★ 月山道は天候の悪いときはこのように霧が。
s008.jpg (2816 バイト) ★ 湯殿山方面へはここから左車線へ。
s009.jpg (2820 バイト) 0:40 ★ 湯殿山トンネル
s010.jpg (3168 バイト) 0:51 ★ 湯殿山IC入り口:  湯殿山ICから庄内あさひIC間は平成12年秋開通しました。高速に入らないで一般道を行くと、途中月山ダムがあり、それを過ぎると間もなく右手に米の粉ドライブインがある。ここは一休みに丁度良く、是非立ち寄りたいドライブインの1つである。
  0:59 ★ 庄内あさひIC:  米の粉ドライブインを過ぎると道路は平地におり、間もなく旧朝日村の落合に出る。ここの信号を直進すると鶴岡市、左折すると「滝太郎」で有名な大鳥池、右折すると山伏で有名な羽黒山方面となる。庄内あさひICへは右折して羽黒山方面に向かうと間もなくである。

# 櫛引PA: 下り線はトイレだけだが上り線は売店もあり。

  1:11 ★ 鶴岡IC: ここから先は庄内平野の真ん中を走る。冬場は地吹雪が吹き荒れ要注意である。
車は間もなく鶴岡ICを過ぎ、間もなく本線料金所がある。庄内あさひICで上った車はここで600円支払う。

■ 主な観光スポット: 鶴岡公園 ・ レストハウス百けん濠

  ★ 庄内空港IC: ここには料金所は無いと思うが。
  1:24 ★ 酒田IC: ここにも本線料金所がある。ETCとチケットブースは併用であるが、ETCはノンストップ通過が可能である。
    ★ 酒田みなとIC: 将来はもっと北まで延びる予定であるが現在はここが終点である。

★ 山形自動車道上り線

上り

所要時間  
     
s000.jpg (3296 バイト) ★ 酒田市内から国道7号線を南下。山形自動車道へは信号の交差点を右折するため事前に右車線へ。
s001.jpg (2986 バイト)  
s002.jpg (3053 バイト) ★ 交差点を右折。
s003.jpg (3304 バイト)  
s004.jpg (3224 バイト) 0:00 ★ 酒田IC: 上り鶴岡方面と、下り酒田みなとIC方面では料金所のブースが異なるので注意。
s005.jpg (3019 バイト)  
s006.jpg (2908 バイト) 0:13 ★ 鶴岡IC: 本線料金所。
s007.jpg (3371 バイト) 0:25 ★ 庄内あさひIC: 
s008.jpg (2895 バイト) ★ 庄内あさひIC〜湯殿山IC間は、このように橋梁やトンネルが多いので注意。
s009.jpg (3085 バイト)  
s010.jpg (3052 バイト)  
s011.jpg (3448 バイト) 0:33 ★ 湯殿山IC: 出口。国道112号線に合流。
   
  0:55 ★ 月山IC: 
   
  1:07 ★ 西川IC: 
   
s043.jpg (4040 バイト) ★ 寒河江SAを過ぎると、こういった橋の下を2箇所くぐる。そうすると、前方にオービスあり。
s044.jpg (3778 バイト) 1:17 ★ 寒河江IC出口
s045.jpg (3958 バイト) ★ 山形JCTの手前から4車線へ
s046.jpg (3805 バイト) ★ 山形JCT(上方は東北中央自動車道): 
s047.jpg (3480 バイト) ★ 左手は救急車の出口: 
s048.jpg (3906 バイト) ★ 山形北IC出口: 
  1:25 ★ 山形北IC: 
s000.jpg (3658 バイト) R13を大野目交差点から北上、山形北ICのランプを上ると料金所が。ブースは右がETC用となっている。左の一般用のブースに向かうときには、左後方(R13の上り)からETCブースに入る車と交叉するので、左後方には十分注意。なおゲートをくぐると、上り仙台方面は左、下り酒田方面は右となる。
s001.jpg (3456 バイト) 山形北ICから山形自動車道上り車線へ。
     
s002.jpg (3580 バイト)   ★ 青野トンネル: ここから笹谷トンネルまではトンネルが続くので注意。
s003.jpg (3482 バイト)   ★ 山形北IC〜山形蔵王IC間はこのようなアップダウンが続く。
s004.jpg (3716 バイト)   ★ 盃山トンネル: このトンネルを抜けるとすぐに山形蔵王ICがある。ICで出る車は左車線へ。
s005.jpg (3581 バイト)   ★ 山形蔵王IC出口: ここから出口に向かうと、山形蔵王PAにも行ける。山形蔵王PAからは本線に戻ることもできるし、山形蔵王ICで出ることもできる。
s006.jpg (3314 バイト)   ★ 山形蔵王ICの料金所: ETCは右から2列目。
s001.jpg (3658 バイト)   ★ 山形蔵王ICを過ぎて、トンネルを2つくぐると上り坂がきつくなり、前方に大きな右カーブが見える。ここが滑川橋で、特に強風時には注意。橋を渡るとすぐにトンネルで、冬場はトンネルの入り口付近の凍結に注意。
s002.jpg (4485 バイト)   ★ しばらく、このような高架橋が続く。右手は下り車線。
s003.jpg (4395 バイト)   ★ 笹谷トンネル入り口付近。関沢ICからの合流車に注意。
s004.jpg (3500 バイト)   ★ 笹谷トンネル内。一応制限速度は80kmだが、車の流れは100kmくらいなので後方車に注意。
s005.jpg (3722 バイト)   ★ 笹谷トンネルの宮城県側出口。
s006.jpg (4175 バイト)   ★ 笹谷IC出口。
s007.jpg (3096 バイト)   ★ 古関PA出口。
s008.jpg (4676 バイト)   ★ 古関PA。
s009.jpg (3975 バイト)   ★ 古関PAの先の急カーブ。カーブ&橋なので特に冬場は注意。
s010.jpg (3096 バイト)   ★ カーブを過ぎるとこの様な下り坂が続く。下り車線(山形方面)にはチェーン装着所がある。
s011.jpg (3076 バイト)   ★ 宮城川崎IC出口。
s012.jpg (3547 バイト)   ★ 宮城川崎ICを過ぎると、道路は右→左と大きくカーブ。その先はこの様な急な上り坂が続く。
s013.jpg (3312 バイト)   ★ 上り坂、その2。
s014.jpg (3657 バイト)   ★ 上り坂を登り切ると、しばらくカーブが続き、最後にこの様に右に大きくカーブして急な下り坂となる。ここも冬場や降雨時は注意。下りきると、橋とトンネルが待ちかまえている。
s015.jpg (3259 バイト)   ★ トンネルを出ると2km程度で村田JCT。仙台方面はトンネルを出たら左車線をキープ。福島方面は後方からの車の流れを確認して右車線に車線変更しておいたほうが良い。とくに福島方面へのJCT内のカーブがきつく、東北道の下をくぐるので、これまた冬場の凍結時は注意。
    ★ 東北自動車道下り方面へ

★ 山形北IC

  所要時間  
s049.jpg (3796 バイト)   ★ 山形自動車道上り線から山形北ICへ。右手から、下りの車線が合流するので注意。
s050.jpg (3926 バイト)   ★ 料金ブースの真ん中がETC用。
s051.jpg (4348 バイト)    
s052.jpg (3542 バイト)   ★ 右は天童市方面。左は山形市内方面。サッカーのNDソフトスタジアムは右へ。
s053.jpg (3964 バイト)   ★ 山形市内へ、国道13号線の上り車線に合流

★ 寒河江SA(スマートインターチェンジ)

  所要時間  
s035.jpg (4003 バイト)   ★ IC入り口: 一旦停止!!!!【YOU TUBE
s036.jpg (3702 バイト)   ★ 上り山形方面は左へ、下り鶴岡方面は右へ。
s037.jpg (4089 バイト)   ★ 途中、横断歩道有り!!!歩行者に注意。これはめずらしい。
s038.jpg (4055 バイト)   ★ 車線がクロスするため、一旦停止有り!
s039.jpg (4143 バイト)   ★ 寒河江SAへ。
s040.jpg (3936 バイト)   ★ 寒河江SAから上り山形方面のランプへ。
s041.jpg (3840 バイト)    
s042.jpg (3732 バイト)   ★ 山形自動車道の上り車線へ。

 

統計表示