道路の雑学
 Top  利用上の注意

 

★ 急勾配   
急勾配と言えば、鳥取県と島根県の県境の中海にかかる「江島大橋」でたしか市道だったかな。これは、テレビCMで有名になった坂道ですが、実際の勾配は6.1%だそうだ。ちなみに山形自動車道には5%の勾配が見られるし、山形市内から青春通りを経由して西蔵王に行く市道や宮城県遠刈田の七日原の蔵王ハートランドの中の道には10%の勾配標識があるのを記憶している。それから、西吾妻スカイバレーのトンネルの手前はたしか10%を超える勾配じゃなかったかなぁ?しかし、この程度は序の口。国道の統計ですが、日本で一番の急勾配は、奈良県と大阪府を結ぶ国道308号線の生駒越えの大阪府側に31%の急坂があるそうです。ちょっと想像できないですね。

★ 県境をまたぐ道路
国道371号線の高野龍神スカイラインは奈良県と和歌山県の県境の山の尾根にそって走り、43回も県境をまたぐ。

★ 道の駅の多い道路
道の駅の多い道路。当然距離の長い道路でしょうが、やはり山陰を走る国道9号線だそうだ。それに対して山陽を走る国道2号線は広島県の「みはら神明の里」と、岡山県の「笠岡ベイファーム」の二カ所しか無いという。

★ 非国民
・ これ初めて知ったが、国道を使わないで2地点を走破する人たちのことをいうらしい。たとえば、東京から大阪を目指すには、大きく分けて静岡ルート、山梨ルート、長野ルート、北陸ルートがあるらしいが、静岡ルートは走破できるらしい。しかし、長野ルートは長野県の売木(うるぎ)村で国道418号線を回避するコースがなくて断念だそうだ。

★ 道路の最高地点
・ 国道: 国道292号線の群馬県と長野県の県境の渋峠で2172m。
・ 高速道路: 東海北陸自動車道の松ノ木峠(岐阜県高山市)の1085m。

★ 車線数の多い道路
これは全国にいろいろあるのだろうが、確認されているのでは片側7車線で、その中の一つが仙台市の国道4号線の六丁目交差点と箱堤交差点だそうだ。
※ ただ、下記の本には上下で14車線 とあるが、これにはちょと疑問。交差点の手前は7車線(左折1車線、直進3車線、右折3車線) でも、交差点を過ぎると3車線だから、上下合わせると10車線じゃなかろうか?

★ 国道のダート区間
国道で、現在残っているクルマで通行可能なダート区間は、山形市寒河江から大蔵村に向かう国道458号線の十分一峠だけという。
※ この国道自体、国道が通っていない山形県の自治体の誓願で指定されたらしいが、大蔵村と山辺町か?

★ 日本最長の路線バス
たしか、奈良県から和歌山県の新宮あたりまで走っていたのかなぁ。日本一の長距離路線バスと言われる路線。廃止になったのかなと思っていたら、まだ運行しているみたね。たしか距離は160キロくらいで所要時間は約6時間半、停留所は100以上だったかなぁ。見てみると地域住民の足の他に観光需要があるとも書いてるが、和歌山県の知人に聞くと、奈良から新宮方面への交通路ってほとんどないんだそうだ。

【参考資料】

# ふしぎな国道 佐藤健太郎 講談社現代新書


統計表示