車の雑学館
 雑学の泉  利用上の注意
   

★ 161121: ガソリン1リットルが燃えると2.32キログラムの二酸化炭素を排出するか

★ 160509: ハイブリッド車の補助バッテリーの交換による影響
昨日、遠出をしたので、久しぶりに ナビをつけてみた。ところが画面が何故か変。いつもは進行方向が上の設定しているのに、北が上になっている。そうか、先日補助バッテリーの交換をしたので、その影響がここにもでたのかなぁ。
# ハイブリッド車の補助バッテリーの交換による影響(現在確認しているもの)
・ ナビ案内などの音量 の設定がリセット
・ インバネの燃費表示 がリセット
・ ナビの画面表示(進行報告が上→北が上へ)

★ アウトランダーPHEVの電費は6Km/kWh。バッテリーは12kWh。高速道路の燃費は、HVの時速80Km/hで約16Km/L、100Km/hだと約14Km/L。

★ 130202: ベストカー 2013.02.26号
・ 200Vの普通充電だと、1時間で20Km分くらいしか充電できない。
・ 来年度の予算案では電気自動車のインフラ整備に1,005億円の予算をつけて、急速充電器を3万5700基設置する。この急速充電器は毎月の電気の基本料金が8万円だそうだ。1年間で1箇所から96万円の収入。3万5700基で約350億円。電力会社に直接の補助金を出したらブーイングが来るだろうが、政府が単年度に1,000億円投下すると、毎年350億円の民間のお金が電力会社の入るわけか。「次世代自動車の普及のための1,005億円」なら、納得する訳か。新手の「かつあげ」か「所場代」みたいなもんだな。

★ 130201: リチウムイオン電池の容量は重量1Kgあたり150Wh。
リチウムイオン電池は他のタイプの電池に比べて非常に発火しやすい。リチウムイオン電池には有機電解質が含まれるため揮発性が高い。

★ 130118: 金融庁: 4月から自賠責保険料を平均13.5%値上げ。自家用車の2年契約で27,840円(+2,890円)。

★ 130107: 長期間の車利用
平成24年12月29日のEテレ(19:00)の「地球ドラマチック 永遠の命は実現できるか?」より
・ アメリカで40年前の車を乗り続けている人がいる。走行距離は計440万Kmで通勤のため1日200Kmを35年間走り続けたそうだ。その間使用したタイヤは100本、点火プラグは440本、エンジンオイルは3000Lだそうだ。
・ 長く乗り続けるコツは、「定期点検」と「壊れたらすぐ治す」ことだそうだ。

★ 121212: トヨタハイメディックCBF−TRH2218の諸元
・ 5700mm×1900mm×2500mm
・ ホイールベース: 3100mm
・ 重量: 3200Kg
・ 最小回転半径: 6.1m
・ エンジン: 直4DOHC2693CC
・ 最大出力: 151PS
・ 最大トルク: 24.5Kgm
・ ミッション: 4AT
・ 乗車定員: 7名
・ アイドリングストップ装置&バッテリー充電装置搭載。カーナビ、バックカメラ、超音波式コーナーセンサー。
・ 床面は防汚性、抗菌性の高機能床材使用。
※ 3.2トンで151馬力はちとつらいな。一応普通免許で運転できるんだろうけど、3.1mのホイールベースだと乗用車と言うより4トン車の練習しないとダメなんだろうなぁ。
  
※ おまけ(馬力)
・ 大型トレーラー: 600PS
・ F1マシン: 750PS
・ 90式戦車: 1500PS
・ 10式戦車: 1200PS
・ 零戦: 1200PS
・ ディーゼル潜水艦: 7000PS
・ 大型タンカー: 3万PS
・ 駆逐艦: 6万PS
・ 機動戦士ガンダム: 6万5000PS
・ ボーイング747: 9万6000PS
・ 鉄腕アトム: 10万PS
・ F15イーグル: 24万PS
・ 原子力空母: 28万PS
・ H2Aロケットエンジン: 1100万PS
・ スペースシャトル: 3700万PS
ベストカー2012/12/26より
※ やはり地球の引力に逆らうというのは大変なんだなぁ。

★ 121114: トヨタ自動車はEVの走行距離を今の約2倍に伸ばす「次世代蓄電池の基盤技術」を開発。
ナトリウムを使うタイプで現在のリチウムイオン電池に比べてもコストを下げられる。実用化は2020年頃。

★ 120928: 電池の性能密度(日本経済新聞出版社刊 EVライフを愉しむ より)

  鉛電池 ニッケル水素電池 リチウムイオン電池
エネルギー密度※1 約35Wh/kg 約60Wh/kg 約120Wh/kg
エネルギー効率※2 87% 90% 95%
寿命(サイクル数)※3 4500 2000 2500

※1: 1Kgあたりに蓄電可能な電力量
※2: 充電を100として放電できる効率
※3: 1回の充放電を1サイクルとする

# DOD(Depth of Discharge): 放電深度のことで電池容量の内何割が残っているかの値。これが深いと劣化が早い。従って多くの電池は30〜80%くらいで充放電を繰り返していると言われる。ただ最近のリチウムイオン電池がこの劣化が少ないと言われる。

★ 120728: ベストカー2012/08/26より
PHVの燃費: PHVはHVとEVの走行比率が決まっている。HV53.8%、EV46.2%。

★ 120229: ベストカー2012/03/26より
・ EVの充電、冬場は夏場の2倍の時間がかかる。特に5度以下だと。
・ EVは電気でお湯を沸かして、それで暖房を行っている。
・ 走行1Kmあたりの二酸化炭素排出量は、ヒーターを使わないとリーフとプリウスはほぼ同じ。ヒーターを使うとリーフはプリウスの1.5倍の二酸化炭素を出す。
・ 12Vの鉛バッテリーは劣化すると、ストンと性能が落ちるが、リチウムイオンバッテリーは走行5万Kmで90%、10万Kmで80%、20万Kmで70%くらい。寿命16万Km、又は13年。
・ バッテリーの価格は1kW、35,000〜40,000円。プリウスPHVのは1kW10万円。

★ 111212: 立体駐車場における国の指針
重さ2トンの車が20Km/hでまっすぐ衝突した衝撃を想定。

★ 111014: 平均車齢
自動車検査登録情報協会のわが国の自動車保有動向によると、2010年3月末現在の平均車齢は7.56年(前年同月比+0.08年)。1975年には3.30年だったそうだ。また新車登録してから廃車にするまでの平均使用年数は12.7年(前年同月比+1.02年)。

★ 100716: 大型バスのデータ
乗用車のデータは色々な雑誌などで見かけることが多いが、トラックやバスとなるとなかなかお目にかかることができない。そこで、7月13日に日野自動車から発売された大型観光バス「セレガ」のデータを拾ってみた。
(1) 燃費: ロングボディ車(全長12m)4.35Km/L。ショートボディ車5.3Km/L。
(2) 価格: 46人乗り(4482万9750円)。29人乗り(3117万9750台)
(3) 年間販売目標台数: 550台

★ 090407: 燃費の良い車ベスト10
平成20年の燃費の良いガソリン乗用車ベスト10について
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000030.html
【普通自動車】
1位: プリウス(トヨタ): 35.5km/l
2位: シビック ハイブリッド(ホンダ): 31.0km/l
3位: ヴィッツ(トヨタ): 24.5km/l
4位: フィット(ホンダ): 24.0km/l
5位: iQ(トヨタ)、デミオ(マツダ)、フォーツー クーペ(スマート)、フォーツー カブリオ(スマート): 23.0km/l
9位: ベルタ(トヨタ): 22.0km/l
10位: パッソ(トヨタ)、ブーン(ダイハツ): 21.5km/l
【軽自動車】
1位: ミラ(ダイハツ): 27.0km/l
2位: R1(スバル)、R2(スバル)、アルト ラパン(スズキ): 24.5km/l
5位: ステラ(スバル)、ムーブ(ダイハツ)、ソニカ(ダイハツ)、ムーブ コンテ(ダイハツ)、ワゴンR(スズキ)、ゼルボ(スズキ)、AZ−ワゴン(マツダ): 23.0km/l

★ 081020: 自動車検査登録情報協会: 2008年3月末現在の乗用車の平均使用年数は11.67年。平均経過年数(車齢)は7.23年(16年連続で増加。

★ ETCの利用率
国土交通省の資料によると、平成20年11月28日〜12月4日のETC利用率は、全国平均で75.7%(平日平均:77.3%、休日平均:71.5%)
一番高いのは首都高速の82.6%、一番低いのは西日本高速の71.5%。
月次推移を見てみると、平成13年12月には0.9%であったものが、平成14年12月:3.8%
15年12月:12.7%
16年12月:25.5%
17年12月:54.2%
18年12月:64.7%
19年12月:71.0%となっている。

★ 居眠り運転の事故は仮眠の直後に多い
たぶん、仮眠後きちんと覚醒しないうちに運転を再開すると、再度眠気を催しやすいということなのでしょう。仮眠の後は「軽い運動」「顔を洗う」などの対処が有効なようです。

★ クルマの色とドライバーの性格
1997年 イギリスの王立自動車クラブの調査(イングランド地方のドライバー1000人)
# 白: 冷淡、従順、几帳面
# 黒: 道路上のエリート。
# シルバー: 優雅さを連想させる。横柄な所がある。
# 赤: 野心と激情をあらわす。平穏な人生より波瀾万丈を求める。
# グレー: 慎重、控えめ、保守的。
# 青: 協調性はあるが、やや想像力に欠ける。
# 緑: 階級意識が強く、伝統を大事にする。
# パステルカラー: 内向的で恥ずかしがり屋。
出典: 河出書房新社 クルマ 知って得する博学知識

★ クルマの電気の消費量(1998年頃のお話)
# アイドリング時の発電量: 50〜60A
# スターター: 300A
# リアデフォッカー: 13A
# エアコン: 12A(使用状態によって異なる)
# ヘッドランプ: 11A(ロービーム)
# パワーウィンドー: 9A
# ワイパー: 5A
# ブレーキランプ: 4A
# カーナビ: 3A
# ヒーター: 3A
# カーラジオ: 1A(ラジオとは古い)
出典: 河出書房新社 クルマ 知って得する博学知識

★ タイヤの摩擦係数
# コンクリート: 0.8
# アスファルト: 0.75
# 砂利道: 0.5
# 濡れたコンクリート: 0.65
# 濡れたアスファルト: 0.55
# 固まった雪上: 0.15
# 氷上: 0.07(氷上とは言っても、渇いた氷と濡れた氷ではだいぶ違うが)
出典: 河出書房新社 クルマ 知って得する博学知識

★ 車のウィンドウを磨く
まぁ、車の窓を拭くときには専用のクリーナーを使うケースが多いでしょうが、中には家庭用の窓ガラスクリーナーで拭く人がいるそうです。しかし、家庭用の窓ガラスクリーナーにはシリコンが含まれており、油膜となって雨の日の夜などは視界不良となり、事故の原因となりやすいので注意が必要とのことだ。

★ 乗用車の平均保有期間
 平成20年4月15日に日本自動車工業会から発表された所によると、2007年度の乗用車市場動向調査では、車の平均保有期間は7.1年(2005年比+0.3年)だったそうだ。
 たとえばAさんがZ車を3年保有して、それを下取りに出して、購入したBさんが4年使用した場合には3.5年という計算になるのか7年という計算になるのかはわからないが、なかなか車も壊れないので保有期間は年々長くなってきているようだ。

★ ドライブ向きの音楽
ものの本によると、ドライブ中に聞く音楽にも、「向き」「不向き」があるそうです。まぁ、何となくはわかりますが、「では、具体的には?」と言われても即答できません。ちなみに、その「ものの本」によると、
# 好きな音楽を聞くとリラックスして、反射神経が良くなる。
# BGM音楽が運転の妨げにはならないが、音楽への集中は運転の妨げになる。
# スローな曲は気分が落ち込んだり、眠くなり不適。
# アップテンポの明るい曲は、意識がはっきりして運転向け。
# とは言っても、アップテンポの曲だけだと、スピードの出し過ぎに繋がるケースもあり、「アップテンポ」「スロー」な曲を交互に聴くのが良いらしい。

★ 090131 よく盗まれる車
 日本損害保険協会の発表によると、2007年11月分の盗難車などの保険金支払いに関する調査で、1位:ハイエース(26.8%)。かつてはランクルを代表とするRVが多かったが、ハイエースなどは某地域で高く売れるのだそうです。某とは、経済発展の著しい、某地区ですよ。

統計表示