鉄道の雑学館
 鉄道の話題のリンク集  利用上の注意
私も「鉄ちゃん」の末席に連なる身ですが、しいて言えば「鉄ちゃん属引きこもり派時刻表亜族」とでも言えましょうか。

★ 鉄道のTopics

# 180323: 鉄道関連の資料集
・ バスの年間走行距離: 国土交通省統計(2015年)では1台あたり4万420Km。
・ 鉄道の年間走行距離: 国土交通省統計(2015年)では98億5930万Km。
・ 鉄道の車両数: 国土交通省統計(2015年)では6万2855Km。
・ 車両1両あたりの年間走行距離: 15万2855Km。
・ 車両1両あたりの年間走行距離(JR): 18万2828Km。
・ 車両1両あたりの年間走行距離(JR東海): 35万Km。
・ 車両1両あたりの年間走行距離(大手私鉄): 14万1486Km(最高は名鉄の17万7633Km、最低は東急の11万8546Km)
・ 車両1両あたりの年間走行距離(地下鉄): 9万7070Km。
・ 鉄道車両数: 国土交通省統計(2015年)
・ 全国の車両数: 6万4790両。
・ 全国の車両数(JR): 3万6400両(56.2%)
・ 全国の車両数(大手私鉄): 1万7286両(26.7%)
・ 全国の車両数(中小私鉄): 5923両(9.1%)
・ 全国の車両数(公営鉄道): 5181両(8.0%)
・ 旅客用: 5万3050両(81.9%)
・ 貨物用: 1万587両(16.3%)
・ 特殊車両: 136両(0.2%)
・ 電車: 4万9631両(76.6%)
・ 貨車: 1万411両(16.1%)
・ ディーゼルカー: 2726両(4.2%)
・ 機関車: 1017両(1.6%)
・ 客車: 525両(0.8%)
・ その他: 471両(0.7%)
・ 車両1台の平均価格: 1億452万円
・ 機関車: 2億8955万円
・ 電気機関車: 3億8354万円。
・ 電気機関車(交直両用): 5億5064万円
・ ディーゼル機関車: 1億5796万円
・ ディーゼルカー: 1億6543万円
・ 新幹線車両: 1億5784万円
・ 在来線電車: 1億222万円
・ 客車: 5632万円
・ 貨車: 2387万円
【参考ページ】
http://biz-journal.jp/2018/02/post_22436.html
http://biz-journal.jp/2017/11/post_21481.html

# 161107: 物流コスト
東洋経済によると、北海道から関東までの物流コストはトンキロあたり、鉄道コンテナが7.8円、トラック・フェリーが20.1円、内航船が10.5円。同近畿向けでも各々9.4円、20.5円、13.3円だそうだ。所要時間は関東までで、鉄道コンテナが2.0日、トラック・フェリーが1.7日、内航船が1.7日。船を使った場合の天候による影響だが、津軽海峡フェリーの2013年の就航率は99.8%だったそうだから、欠航は事実上1日程度の計算か?

# 161104: またまた、高崎線でケーブルの火災事故で半日麻痺。

# 160417: 先日、グランクラスで北海道に行って来ましたぁ〜。

# 141015: 台風18号による土砂崩れで10月6日から東海道線の興津〜由比間が不通となっていたが、16日に復旧の見通し。あのくらいの災害だと復旧まで10日くらいか。

# 141008: JR東日本は制御ソフトウェアの設計ミスで1998年から在来線車両の1/3相当の1548両で不具合があったまま走行していたことが判明。運転士が居眠りしたときなどに作動する緊急列車停止装置(EB装置)の一部に、設定通りに作動しない不具合とか。

# 140531: 山手線の田町〜品川間にできる新駅。「高輪」駅の予想に1票。

# 140129: JR東日本で蓄電池を搭載した電車を開発。宇都宮〜烏山間で運行し、電化区間は架線からの給電で走行、非電化区間は蓄電池からの給電で走行。
※ 問題は製造コストだよなぁ。小海線を走っているハイブリッド気動車も製造コストが高いせいか、あとは増産しないって話もありますし。

# 100526: 「しらかみ」にハイブリッド気動車
今年の12月の東北新幹線の青森延長に合わせて、最近は観光路線として有名な「五能線」の「リゾートしらかみ」にハイブリッドディーゼル車を導入するらしい。
このハイブリッドディーゼル車、国内での営業運転は3例目とのことだが、最初はたしか「小海線」、2例目はどこ?
ところで、この「しらかみ」。以前「ステルスダイヤ」があったと記憶しているが、今でもあるのだろうか?この「ステルスダイヤ」、観光列車特有のダイヤで面白いよねぇ。

# 081110: 東北新幹線(盛岡〜新青森)
JR東日本によると、2010年度末までに開通予定だった八戸〜新青森間は、やや予定を早めて2010年12月開業予定。
大宮〜宇都宮 240Km/h ・ 宇都宮〜盛岡 275Km/h ・ 盛岡〜新青森 260Km/h。


★ おんなひとりの鉄道旅 東日本編 矢野直美 より
# 稚内駅にある最北端の看板と車止めのレールは、名寄駅長の墨谷さんが1997年にアイデアを出して作った。レールは音威子府駅にあった廃レールで旧天北線のものらしい。
# 抜海駅から徒歩30分のみなとには、ゴマフアザラシがいる。
# 稚内からサハリンまでは約43Km。宗谷海峡の最深は75mくらいらしい。
# 日高本線の「絵笛(えふえ)駅」の由来は?「様似」は?
# 日本一急勾配の駅は明知鉄道の33/1000の飯沼駅。
# 津軽鉄道のストーブ列車、ストーブの側は暖かくて気持ちがいいかと言えば、暑すぎだそうだ。


■ 1線スルー: 1線スルーとは、単線の行き違いで、2本の線路のうちの2本を直線にすること。こうすると、直線の方の線路を優等列車などが速度を落とさずに通過でき、スピードアップに繋がる。 仙山線の1線スルー化
普通列車だけが走るローカル線ではあまり効果は無いが、「智頭急行」や「北越急行」などのように、そもそもの路線敷設が優等列車のスピードアップのための路線においては大きな効果がある。

■ ATS(Automatic Train Stop)自動列車停止装置 
 赤信号を無視したときに自動的にブレーキをかける。
ATC(Automatic Train Control)自動列車制御装置
 速度制限があるところで自動的に減速する
ATO(Automatic Trafic Operation)自動列車運行装置
 ブレーキ操作だけでなくアクセル操作も行うので、理論的には無人運転が可能である。

 JR西日本の福知山線の事故で有名になったATSという用語であるが、上記の説明にもあるようにATCの方がATSよりも優れているかというとそうでもなく、そのシステム内容によってはATCは列車の運行間隔を詰めることができず、結果として一定時間における運行本数を増やすことができない。

■ 営業係数
・ 週刊東洋経済 2012/2/25 「鉄道」再起動 より
・ 2009年度の営業係数
【大手私鉄】
# 東武鉄道
・ 全線: 89.5
・ 伊勢崎線系統: 106.9
・ 野田線: 92.6
・ 東上線系統: 66.7
# 西武鉄道
・ 全線: 80.7
・ 池袋線系統: 78.4
・ 新宿線系統: 74.9
・ 多摩湖線: 235.9
・ 多摩川線: 255.6
・ 山口線(新交通システム): 537.1
# 京成電鉄
・ 全線: 82.2
・ 本線系統: 74.0
・ 千葉線: 140.7
・ 千原線: 277.0
# 京王電鉄
・ 全線: 89.0
・ 京王線系統: 88.8
・ 井の頭線: 90.8
# 小田急電鉄
・ 全線: 83.5
・ 小田原線系統:
・ 多摩線: 198.6
# 東京急行電鉄
・ 全線: 85.8
・ 東横線: 70.0
・ 目黒線: 127.8
・ 田園都市線: 73.2
・ 大井町線: 119.6
・ 池上線: 162.5
・ 多摩川線: 161.7
・ こどもの国線: 338.3
# 京浜急行電鉄
・ 全線: 72.3
・ 空港線: 135.8
・ 大師線: 224.2
・ 逗子線: 329.4
・ 久里浜線: 197.6
# 相模鉄道
・ 全線: 77.7
# 名古屋鉄道全線: 92.6
# 近畿日本鉄道全線: 82.7
# 南海電気鉄道全線: 83.9
# 京阪全線: 88.6
# 阪急電鉄全線: 76.8
# 阪神電気鉄道全線: 90.4
# 西日本鉄道全線: 83.9
【地下鉄】
# 札幌市全線: 84.6
# 仙台市南北線: 84.7
# 東京メトロ全線: 76.5
# 東京都営地下鉄全線: 83.8
# 横浜市: 83.4
# 名古屋市全線: 78.5
# 京都市: 112.4
# 大阪市全線: 73.3
# 神戸市全線: 97.8
【路面電車】
# 札幌市電: 126.1
# 函館市電: 112.0
# 富山地方鉄道富山市内線: 74.0
# 富山ライトレール: 117.8
# 万葉線: 129.1
# 東京都電: 104.2
# 東京急行電鉄世田谷線: 113.9
# 豊橋鉄道豊橋市内線: 118.8
# 京阪電気鉄道京津線・石山坂本線: 159.6
# 京福電気鉄道: 99.2
# 阪堺電気鉄道: 128.2
# 岡山電気軌道: 102.3
# 広島電鉄: 99.3
# 土佐電気鉄道: 99.9
# 伊予鉄道: 115.0
# 長崎電気軌道: 105.2
# 熊本市電: 168.2
# 鹿児島市電: 98.9
【中小私鉄】
# 江南鉄道: 90.8
# 津軽鉄道: 113.6
# 福島交通: 91.0
# 長野電鉄: 102.3
# 上田電鉄: 108.4
# アルピコ鉄道: 84.0
# 黒部峡谷鉄道: 100.8
# 富山地方鉄道: 112.7
# 北陸鉄道: 118.4
# 新京成電鉄: 92.7
# 関東鉄道: 98.7
# 上信電鉄: 102.2
# 上毛電気鉄道: 140.6
# 秩父鉄道: 107.6
# 流鉄: 126.1
# 銚子電気鉄道: 171.1
# 小湊鉄道: 99.2
# 江ノ島電鉄: 90.8
# 箱根登山鉄道: 90.3
# 富士急行: 97.2
# 伊豆箱根鉄道: 98.1
# 伊豆急行: 95.2
# 岳南鉄道: 120.9
# 静岡鉄道: 126.9
# 大井川鐵道: 95.0
# 遠州鉄道: 82.8
# 豊橋鉄道: 82.8
# 三岐鉄道: 131.9
# 福井鉄道: 159.3
# 東海交通事業: 227.6
# 北大阪急行電鉄: 85.4
# 大阪府都市開発泉北高速鉄道線: 94.0
# 神戸電鉄: 91.7
# 山陽電機鉄道: 85.7
# 能勢電鉄: 72.0
# 近江鉄道: 122.5
# 叡山電鉄: 99.2
# 水間鉄道: 111.7
# 紀州鉄道: 264.4
# 北神急行電鉄: 84.4
# 嵯峨野観光鉄道: 100.7
# 和歌山電鐵: 128.2
# 一畑電車: 157.5
# 広島電鉄宮島線: 106.3
# 水島臨海鉄道: 105.7
# 高松琴平電気鉄道: 98.9
# 伊予鉄道: 115.0
# 筑豊電気鉄道: 107.0
# 島原鉄道: 118.7
# 熊本電気鉄道: 106.2
【第三セクター】
# 三陸鉄道: 145.3
# 阿武隈急行: 114.8
# 会津鉄道: 158.0
# 秋田内陸縦貫鉄道: 223.0
# 由利高原鉄道: 182.8
# 山形鉄道: 162.0
# IGRいわて銀河鉄道: 101.0
# 青い森鉄道: 134.5
# 仙台空港鉄道: 206.8
# しなの鉄道: 90.8
# 北越急行: 78.1
# のと鉄道: 201.8
# 北総鉄道: 66.9
# いすみ鉄道: 262.3
# 鹿島臨海鉄道: 109.0
# 野岩鉄道: 161.6
# ひたちなか海浜鉄道: 116.2
# 真岡鐵道: 113.6
# わたらせ渓谷鐵道: 150.7
# 東京臨海高速鉄道: 88.5
# 東葉高速鉄道: 68.7
# 横浜高速鉄道: 91.7
# 埼玉高速鉄道: 123.4
# 芝山鉄道: 285.2
# つくばエクスプレス: 95.1
# 長良川鉄道: 179.8
# 天竜浜名湖鉄道: 158.6
# 明知鉄道: 170.2
# 伊勢鉄道: 99.3
# 愛知環状鉄道: 109.1
# 樽見鉄道: 172.3
# えちぜん鉄道: 130.9
# 名古屋臨海高速鉄道: 208.5
# 伊賀鉄道: 210.0
# 養老鉄道: 182.1
# 北条鉄道: 150.5
# 信楽高原鐵道: 157.0
# 北近畿タンゴ鉄道: 162.5
# 錦川鉄道: 148.0
# 若桜鉄道: 102.9
# 智頭急行: 84.3
# 井原鉄道: 154.5
# 土佐くろしお鉄道: 115.5
# 阿佐海岸鉄道: 1237.9
# 甘木鉄道: 102.5
# 南阿蘇鉄道: 137.7
# 松浦鉄道: 102.1
# くま川鉄道: 164.0
# 平成筑豊鉄道: 128.1
# 肥薩おれんじ鉄道: 117.6
【モノレール】
# 東京モノレール: 93.7
# 湘南モノレール: 98.6
# 千葉都市モノレール: 82.2
# 多摩都市モノレール: 88.6
# 舞浜リゾートライン: 69.8
# 東京都上野モノレール: 74.7
# 大阪モノレール: 74.7
# スカイレールサービス(広島): 106.4
# 北九州高速鉄道: 94.5
# 沖縄都市モノレール: 130.0
【新交通システム】
# 埼玉新都市交通ニューシャトル: 91.6
# 横浜新都市交通シーサイドライナー: 73.5
# ゆりかもめ: 77.2
# 山万: 115.6
# 名古屋ガイドウェイバス: 94.0
# 愛知高速交通リニモ: 273.6
# 神戸新交通ポートライナー: 90.0

■ 駅弁: 日本で初めての駅弁は、1885年宇都宮駅で販売され、おにぎりとタクアンであった。

★ SLの牽引力
C56は25パーミルの坂は、客車2両牽引が限界。C57は5両連結でも運行可能のようだ。以上、『旅するハイビジョン 全国百線鉄道の旅』山口線編より。

■ 気動車(ディーゼルカー)の燃費
・ えちごトキめき鉄道ET122形ディーゼルカーの燃費は軽油1Lで1.5Km。
・ 気動車1両の価格は約1.4億円だが、交直両用電車は2両編成で3.4億円。

★ キハE200形
キハE200形は、世界初のハイブリッド営業用気動車でJRの小海線で営業走行をしている。燃料効率は従来のキハ110形に比べて10〜20%向上。窒素酸化物は約60%削減。ただし、製造コストが高いのが難点で今後とも製造されるかは不明らしい。

■ キヨスクの語源:  駅でよくお目にかかるキヨスク(KIOSK)の語源であるが、トルコ語の「あずまや」からきているらしい。1973年に(財)鉄道弘済会が初めて使用したという。

■ 禁煙の意識
明治27年(1894年)に、神戸発新橋行きの列車の上等車の日本人乗客が傍若無人に煙草を吸っているのに耐えかねた外国人客が注意したところ口論となり「乗車マナーの悪い外国人」として、注意した外国人が新聞に載ったという。

★ 航空機と鉄道の燃費
参考: 東京堂出版 梅原淳著 新幹線徹底追及謎と不思議
ボーイング777-300と新幹線の燃費を比べると飛行機の方が2倍燃費が悪いそうだ。
定員も飛行機が524人(ANA便)に対して新幹線が約1300人で、1人の利用客が費やす燃料は新幹線2.8L、航空機13.3L(電力の燃費計算は火力発電所の燃費計算に基づく)
つまり新幹線は運行費用という面において航空機よりも約5倍環境に優しいと言うことになります。しかし、環境負荷は運航費だけでは無く、建設・保守などの面においても生じます。新幹線は建設費だけをとっても莫大な金額が必要です。それらを踏まえるとどうなるか?さすがにこの参考図書には書いてありませんでした。

★ 交通バリアフリー法(高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律)
平成21年11月施行
・ 駅や車両等のバリアフリー化を定めた法律。
・ 鉄道における主な施策: 車体とホームとの段差の解消、車両内の車椅子用スペースの確保、身体障害者用のトイレ、点字案内、エレベーター等車椅子等の移動の利便性の確保。

★ 日本初の交流電化区間は仙山線の北仙台〜作並間で、1955年3月から試験開始。交流2万ボルト。ED44形(後のED90形)1両、ED45形(後のED91形)3両で試運転。

■ 500系のぞみの発進加速度: 東海道区間1.6Km/s、山陽区間2.0Km/s。

■ 500系のぞみの最高速度は300Km/hであるがATCによる制限速度は305Kmなので、ぎりぎりの304Kmまで出す。

■ 最高地点を走る鉄道: ペルー中央鉄道のチクリオ峠越えの最高地点4783m。→その後中国へ

★ 最大軸重: 同じ3フィート6インチ軌道でも、日本は16トン、南アは29トンでさすが大陸は違う。

■ 在来線鉄道の最高速度制限
鉄道運転規則54条: 正しく言えば、この条文に鉄道の最高速度が規定されているわけでは無い。記載されているのは「非常制動による列車の制動距離は600m以内」という内容である。つまり理論的にはいくらスピードをだしても600m以内で停止できれば良いということになる。しかし、スピードを出した状態で600m以内に止まろうとすれば、減速度が高くなって非常に乗り心地が悪くなるし危険である。従ってどのくらいのスピードなら600m以内に停止できるかはある程度定められている。その速度は130kmといわれ関西圏の特別快速などはそのスピードを最高速度としている。
しかし、湖西線や青函トンネルなどは特例として140kmが最高速度となっており、北越急行は1100mまで特認により160kmが最高速度となっている。ちなみに山形新幹線つばさも、東北新幹線上は240kmで走行するが、在来線区間は最高速度130kmである。

★ JR貨物のコンテナ電車(貨物電車)
M250系だっけ?16両編成。編成両端の4両が動力車(4M12T)だが、これを電車というのか?と思ったら、両端の車両にもコンテナを載せるので、やっぱ電車だ。東京〜大阪間を表定速度91km、最高速度130kmで走る。そういえば、貨物電車と言えば京浜急行にも資財運搬用の貨物電車があるようですね。

★ 090420: JTBの時刻表が4月20日発売の5月号で通算1000号に到達。

★ C62は昭和23年に登場した日本最大の蒸気機関車。輸送力増強が念願の国鉄に対して、進駐軍は新型車の開発の許可を出さなかったので、D51のボイラーとC59の足まわりを組み合わせて作った。

■ 品川駅は品川区ではなく港区にある。

★ 昭和の話
・ 上野発22:21(寝台特急はくつる)で青森着07:11。07:30発の青函連絡船で函館着11:20。函館11:45発の「特急おおとり」で網走着21:56。11:50発「急行宗谷」なら22:46に稚内着。
※ ほぼ、24時間かぁ。この頃、山形〜上野は特急で4時間半、急行で6時間だね。

★ 新幹線
# 新幹線の定義: 「全国新幹線鉄道整備法」によると、「新幹線とは主たる区間を200Km毎時以上の速度で走行できる幹線鉄道」のこと。

# 車両限界
 〆瀝萓(485系): 幅:3000mm、高さ:4100mm
◆/郡汗(E4系): 幅:3400mm、高さ:4500mm
 新幹線(N700系): 幅:3400mm、高さ:3650mm

# 線路中心間隔
東海道新幹線: 4.2m 山陽新幹線: 4.3m

# 最大勾配
 ‥豎て察山陽新幹線: 10‰
◆‥賈漫上越新幹線: 15‰(ただし盛岡〜八戸間に20‰区間がある)
 長野新幹線: 30‰
ぁゞ綵新幹線: 35‰

# 高速分岐器
高崎駅の下り、長野新幹線の分岐器は高崎駅の3km先で36番分岐で160kmで走行可。36番とは、線路の分岐が36m行くに従って1m離れるという意味で、通常は18番が多い。

★ 新幹線の編成
# 0系: 1964年登場、最高速度210km。16M(直流185Kw)、鋼鉄車両。
# 100系: 1980年登場、最高速度230km。12M4T(直流、230KW)、鋼鉄車両。
# 200系: 1982年登場、最高速度270km。12M(直流230Kw)、アルミ合金車両。
# 300系: 1992年登場、最高速度270km。10M6T(3相交流、300Kw)、アルミ合金車両。
# 500系: 1997年登場、最高速度300km。16M(3相交流285Kw)、アルミ合金車両。
# E2系: 1997年登場、最高速度275Km。8M2T(3相交流、300Kw)、アルミ合金車両。
# 700系: 1999年登場、最高速度285Km。12M4T(3相交流、275Kw)、アルミ合金車両。
# 800系: 2004年登場、最高速度260Km。6M(3相交流、275Kw)、アルミ合金車両。

★ 新幹線の夜行列車
新幹線には寝台車があったそうだ。とは言っても試作車で型式は961-4。1974年1月につくられた961形のうちの一両で個室寝台や二段式B寝台という設備。これは1975年3月10日の山陽新幹線博多開業時に新幹線の夜行列車を走らせようとした計画の一環らしい。
車輌は良いとして、問題は線路の保守。
新幹線の線路は通常夜間に保守を行っているため、夜間に列車が走ると保守が難しいのです。そこで、夜行列車が走る線路は単線とし、片側の線路づつ保守を行う計画だったそうです。しかし、単線だと途中の列車交換が問題。そのため、東京〜博多の中間の大阪〜岡山間にすれ違い設備を設ける予定だったらしい。しかし、結局この新幹線の夜行列車は現実化しなかったらしいですが。

■ 新幹線唯一の踏切は、浜松市のJR東海の浜松工場と東海道新幹線の本線を結ぶ引き込み線にある。なお、山形新幹線などにも踏切はあるが、ここは本来在来線の線路なので新幹線の踏切とは言えない。

★ スイスの鉄道
スイスの面積は九州よりもやや小さいくらい。そこには約5400kmの鉄道網がある、九州が約2700kmだから倍で国土面積あたりの鉄道密度は世界一。フォーダー社版「世界の鉄道」曰く:スイスでは国内のどんなところでも、16km以内に鉄道がある。

★ ステンレスカーは錆びずに長持ちせず、軽量化でき、塗装を省略できる。
・ 東京メトロはアルミ車体だが無塗装が可能。本来アルミは錆びるが、表面をイオン処理して錆びなくできる。これは東京メトロの特許で他社は使っていない。

★ 世界一急勾配の鉄道
 スイスの「ピラトゥス鉄道」で最高勾配は480パーミル。ちなみに日本国内の最高勾配は、大井川鉄道井川線の90パーミル。

★ 台湾の鉄道
# 基隆〜台北〜台中〜高雄(約404km)=縦貫線、特急「自強号」、急行「呂光号」、準急「復興号」
# 1列車に複数の等級は無く、例えば「自強号」には2等車にあたる車両は無く、全車1等車なみの設備。むかし、この「自強号」に乗ったことありますが、新聞や雑誌を配ったり、お茶のサービスがあったりしたような。
# 鉄路盆飯といわれる「駅弁(ビンタン)」
# 吾里山森林鉄道762mm

★ 地下鉄
・ 国土交通省によると地下鉄の定義はない。
・ 地下鉄車両に要求される加速度3.3km秒。
・ 30‰でも他の故障した10両編成を押すことができる。
・ 世界で初めての地下鉄は、1863年にロンドンで初めて走ったが、もちろん蒸気機関車であった。
・ 
東京の地下鉄には、上り下りがないのか。あるのは、業界用語でA線B線というのがあるらしい。例えば東京メトロ銀座線でいえば、渋谷方面行きがA線で浅草方面行きがB線。

■ 地下鉄丸ノ内線の国会議事堂前駅は、衆議院の敷地の下にあるため、衆議院は警備上必要があるときは駅の閉鎖を指示できる。60年安保闘争の時、電車のドアを開けずに通過?したことがあったそうだ。

★ 中国の鉄道の種類: 快速 → 特快 → 直快 → 快客 → 普客 → 混合(貨客)(スピードの速い順)

★ 中国の客車の表示: 「軟臥(1等寝台)」「硬臥(2等寝台)」「軟座(1等車)」「硬座(2等車)」「餐車(食堂車)」「行李(荷物車)」

★ 中国の鉄道の表記: プラットフォーム(番線): 「月台」 「站」は駅のことで、鉄道の駅は「火車站」、ちなみにバスターミナルは「汽車站」

★ 通勤車両
・ 最近の通勤車両の基本はE231系だが安かろう悪かろうで評判が悪い。

■ つばさ(山形新幹線)

# 400系つばさ
(1) 運転保安設備: ATC(新幹線用)+ATS−P(在来線用)
(2) 列車無線装置: LCX方式(新幹線用)+空間波方式(在来線用)
(3) 車体: 全長20m(先頭車22.825m) ・ 全幅2.9472m ・ 全高3.97m(先頭車4.07m)
(4) 座席の前後間隔: 11号車(116cm)・12〜15号車(98cm)・16〜17号車(91cm)
(5) 最高速度: 240km(モーター出力210Kw) ・ 電圧(新幹線区間:交流25,000V)(在来線区間:交流20,000V)

# E3系つばさ
(1) 運転保安設備: ATC(新幹線用)+ATS−P(在来線用)
(2) 列車無線装置: LCX方式(新幹線用)+空間波方式(在来線用)
(3) 車体: 全長20m(先頭車22.825m) ・ 全幅2.9472m ・ 全高3.97m(先頭車4.07m)
(4) 座席の前後間隔: 11号車(116cm)・12〜15号車(98cm)・16〜17号車(91cm)
(5) 最高速度: 240km(VVVFインバータ・モーター出力300Kw) ・ 電圧(新幹線区間:交流25,000V)(在来線区間:交流20,000V)
# E3系は秋田新幹線「こまち」と同じ仕様だが、上記の仕様を見て貰ってもわかるように、16・17号車(こまちでは15・16号車)のシートピッチが狭い。つばさでは普通車の有席だから、まぁしょうがないと言えばそれまでだが、こまちは全て指定席なので、指定席でも場合によってはシートピッチの狭い車輌にあたると快適さに劣るので注意。
# なおつばさのグリーン車は、400系だと2+1の座席配置だが、E3系だと2+2の座席配置となり、一人旅の時は400系の方が快適。

■ ツララ落とし専用車両: 岩手県の岩泉線(他にもあるとは思うが)では、冬場トンネル内のツララを落とす専用の車両を走らせている。

■ TDLのウェスタンリバー鉄道のSLは煙を出さない。何故かという疑問に対して、電気機関車だからと言う人もいるが、実際は石油を利用したSLだからとのこと。

 しかし石炭炊きのSLでも最近のものは昔の頃のに比べると煙はあまりでないそうだ。もともと煙はススと水蒸気の結合したものだが、昔は国産の石炭を主に使っていたため火力が弱く不完全燃焼をしてススが出やすかったが、最近は火力の強い輸入石炭を使うことが主で、その結果ススがでにくくなり煙も少なくなったとか。

■ 鉄道の加速度: 鉄道の加速度とは、1秒間に加速する速度で、3.0なら10秒後には30Kmになる。通勤電車の加速度は2〜3程度だが阪神電鉄のジェットカーは4.5だった。ジェットカーでも最近もタイプは4.0と聞くが。

★ 鉄道の紀元
紀元前1500年頃のミケーネ文明時代に鉄道の始まりとも言える、轍をつけた道路が作られていたらしい。
鉄道の秘密 学研新書 川辺謙一著 より

★ 鉄道の軌間
(1) 標準軌(1435mm): イギリスを始めとする欧州諸国、アメリカ、中国、韓国
(2) 広軌: ロシア、フィンランド(1520mm)、スペイン(1668mm)、ポルトガル(1665mm)、インド(1676mm)
(3) 狭軌: 日本、南アフリカ、台湾(1067mm)、ケニアや東南アジア(1000m・通称植民地ゲージ)
* ロシアやスペインが標準軌では無い理由は、フランスと同じ軌間だと鉄道を使って攻め込まれると言う不安。これはかつてナポレオンに攻め込まれたトラウマか?
スペインでは一部標準軌の区間もある。(マドリード〜セルビア間の471kmで、1992年に行われたバルセロナ五輪とセビリア万博にあわせて作られた高速新線。)
* ロシアとフィンランドの軌間が同じなのは、鉄道建設当初フィンランドがロシアの支配下にあったため。
* ケニア等の1000m(メーターゲージ)はイギリスが旧植民地に敷設した鉄道に多い。

★ 鉄道の軸重
在来線は18トンの1級から14トンの4級。東海道、長野、九州新幹線は16トン、山陽、東北、上越は17トン。最近は車両を軽量化できるので軌道の建設コスト削減のため軸重を軽くしているらしい。

★ 鉄道の利用者数
世界の鉄道利用者は1日に1億6000万人で、その内日本は6300万人を占め、その内の9割は東京、名古屋、大阪の3大都市圏で占められる。
※ 出典: 平成20年国土交通省統計

★ 鉄道林: 明治時代に青森県の野辺地駅周辺で防雪のために植樹されたのが始まりらしい。

★ デッドセクションと力行セクション
在来線でも新幹線でも、ある地点を境に、送電の種類(直流、交流)や周波数が異なる所がある。在来線で代表的な所は黒磯で、昔特急列車に乗ると電車が変換地点に近づくと、受電をストップして惰性で走行し、車内の電気が消えたものである。これを「デッドセクション」という、それに対して新幹線は原則として惰性で走ることは無く、常に力行のため力行セクションという。新幹線の変電所の間隔は概ね20kmと聞く。各変電所の境界には約1.5kmの力行セクションがあり、通常の電源は確保されているらしいが、空調だけは消費電力が大きいため、一時的にストップするらしい。時間にして0.5秒らしいが。

■ 電車の燃費
 概算であるが、JRの電車の燃費は、昔の抵抗制御車のころは1両が1km走るのに50円、地下鉄に多い電機子チョッパ制御は30円前後、VVVFインバータ制御24円。非電化区間のディーゼルカーは約15円。 以上 PHP研究所刊 全国鉄道おもしろ雑学事典より(これはだいぶ燃料の価格が安いときで、いまはこの何倍にもなっているだろう)

■ 鉄道の標高世界一: かつては南米のアンデス山脈を走る鉄道が世界一であったが、2006年開通した中国の「青海チベット鉄道(青海省の西寧からチベット自治区のラサまで約2000km弱)」の途中の途中のタングラ峠が世界最高の標高5072mとのこと。
 この路線を走る列車は2日に1本で西寧発20時7分ラサ着次の日22時半頃というタイムテーブルでで、西寧を発車すると最初の停車駅はゴルムドで(朝7時・標高2800m)
 この地域の二つの障害は「高度」と「凍土」。標高の高いところを走るため、カナダの航空機会社の技術を利用して航空機と同じような車体構造をしており酸素ボンベも搭載している。また、路線が永久凍土の地域を通り、夏には凍土の一部が融けて線路の安定が得られないので、路盤を融けない深層の凍土の上に設置し、凍土が融けないように放熱パイプを設置しているのだそうだ。

■ 鉄道博物館
埼玉県大宮市。大宮駅から新都市交通で次の駅(鉄道博物館前)下車。

★ 東海道線の100Kmポストは神奈川県と静岡県の境の千歳川の鉄橋の上にある。

★ 東武東上線
東武東上線は、当初、東京と上州(渋川)を結ぶ予定だったのかぁ。だから東上線なのね。

★ 日本一高い所にある地下鉄の駅は日比谷線の北千住駅で、地上14.4m。

■ 日本一長い駅名:  今まで日本一長い駅名と言えば、島根県の一畑電車北松江線「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅(るいす・しー・てぃふぁにーていえんびじゅつかんまええき)」だった。
 ところがこの美術館が平成19年4月25日に閉館したことにより、5月21日から「松江イングリッシュガーデン前駅」と短くなり日本一長い駅名の座を退くことになる。
 今後は南阿蘇鉄道「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」と文字数では並ぶそうだが、
(1) 松江イングリッシュガーデン前駅
(2) 南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
両者とも文字数は15文字だが、読みに直すと(1)は17音、(2)は24音でだんぜん(2)の方が長いようだ。 07/05/07

■ 日本一早い鉄道(もどき)
旅客鉄道で一番早いのは新橋〜横浜だけど、貨物もいれると北海道が一番早いのか?
・ 明治2年に開通した「茅沼鉄道(泊村茅沼)」。積丹半島の南部で、茅沼炭鉱から茅沼港まで、石炭を運んだ。動力は牛で、線路は木製の鉄張り。厳密に言えば鉄道ではないんだな。本物の鉄道は明治13年に手宮〜札幌間が開通か。

■ 日本人で初めて機関士になったのは、落合丑松・平野平右衛門・山下熊吉の3人。3人は当初石炭を補給する機関助手だったが、明治12年(1879年)4月14日に機関士となった。

■ 日本の旅客列車の最大定員 東北新幹線 E4系Max16両 1634人(平成17年1月)

★ バラスト(道床)の役割
・ 振動の吸収
・ 騒音の吸収
・ 水はけ
・ 雑草の予防

■ 阪神のジェットカーの初期車両は加速度4.5だったが、その加速は時速45kmまでしか続かない。最近のインバーター制御のやつは、4.0の加速度であるが70km近くまで加速度が続くので、乗り心地が改善され、所要時間も旧型車と同じ。

■ 微気圧波: 列車がトンネルにはいるとき先頭車両が空気を圧縮して出口側に送り出す。

■ 平均乗車時間(JR東日本による)
・ 山手線: 11.4分
・ 京浜東北線: 14.4分
・ 中央線: 16.6分
・ 京葉線: 18.2分

■ 便宜乗車
これは知らなかったなぁ。テツぼんに書いてあった。
・ 例えばA君(中学生とするか)が、山形の自宅から東京に行って帰ろうとしたが財布を紛失して帰りの乗車券が買えなくなった。さぁ、どうするか。
・ A君のお母さんが、山形駅で事情を説明して東京から山形までの料金を支払う。その連絡が東京駅に行き、A君に対して「業務連絡書」を発行。その業務連絡書を提示して帰る。

■ 北海道と道外の貨物輸送のシェアは内航海運とフェリーで9割近くをしめ、鉄道のシェアは約7〜8%。

■ 森宮野原駅: 長野県栄村のJR森宮野原駅は1945年2月に7m85cmの積雪を記録し、JR構内の最高積雪記録とされる。

■ 山形県内の内陸部を走る、JR左沢線には県庁所在地が4つもある。山形、(羽前)金沢、(羽前)長崎、(羽前)高松。

★ 山手線
・ 山手線の車両は新潟県の工場で作成され、1両27トン、11両で約300トンである。
・ 山手線の始発駅は大崎で、山手線電車区がある。運転手の交代は、主として大崎と池袋で行われ、2周毎に交代。一人の運転手は1日で最高9周運転する。
・ 山手線の田町駅と品川駅の間が、異様に長いなと不思議に思っていたが、当初、間の高輪付近の山側に陸軍が、海側に海軍の駐屯地があり、どちらも駅の建設を認めなかったのが原因らしい。

■ 利府線: 東北線の岩切から4.2kmの利府に至る盲腸線の利府線は旧東北線の名残。

■ 列車の風切り音は速度の6乗に比例する。 

■ 稚内: ほう、稚内駅で入場券を2枚買うと、最北端にきた証明書をくれるのか。それと、昭和14年までは南稚内駅が稚内駅で、今の稚内駅は稚内港駅だったのか。ということは、当時の稚内市の中心は今の南稚内のあたりだったのか?地元の人に聞くと、稚内市の中心部は昔から今の稚内駅のあたりらしい。また、かつての稚内港駅の先には稚内桟橋駅があったとも言う。

想い出の列車

 

統計表示